心が伝わる英会話

UraUra Englishの浦崎友恵です。
英会話を学ぶコツを書き留めています。
留学、海外生活経験なしでも英会話はマスターできます。
一緒に『心が伝わる英会話』を学びましょう。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# ボキャビル計画
JUGEMテーマ:英語
こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。

今年もどうぞ宜しくお願いします。

さあ、今年は

ボキャブラリービルディング

に力を入れていこうと思います。


クラスでは年末に接頭辞、接尾辞、語幹を捉えて単語を見ることを練習しました。

年始には、『新春ボキャブラリー倍増テスト』にチャレンジしてみました!


単語の形成を意識して見ると、どんどん語彙が増えていきます。

今年はTOEICに挑戦しよう!英検に挑戦しよう!と言う方 語彙力は大きな武器になります。

もちろん、会話でも、リスニングでも、語彙力UPは最強の味方になって 英語学習を楽しくしてくれるはずです!

さあ、今年も、張り切ってスタートです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:25 | category: 英会話学習のヒント |
# 明確な目標
JUGEMテーマ:英語
 
こんにちは。

UraUra Englishの浦崎友恵です。


先日、教室の60歳の方が「これ。」と言って一枚の紙を差し出しました。

「なに?」と言って見ると、6年後までの英語学習の目標が書かれていました。


2011年(61歳) アメリカ行き     英検 4級   TOEIC 400点

2012年(62歳) 一人で海外旅行  英検 3級   TOEIC 450点

2013年(63歳) 語学留学       英検 準2級 TOEIC 500点

2014年(64歳) 海外自由旅行             TOEIC 550点

2015年(65歳) 海外で個展      英検 2級  TOEIC 600点
 
2016年(66歳) 浅草観光ガイド             TOEIC 700点


こんな感じでした。

今まで「ボケ防止」くらいの気持ちでやってきたけれど、

これからはそうではなくて、もっと積極的に「勉強」をして実力をつけ

目標の実現に向けて努力していくのだそうです!


素晴らしい

応援します



  
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:00 | category: 英会話学習のヒント |
# 怠け者になりがちな夏は
JUGEMテーマ:英語

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。


7月の更新がすっかり滞ってしまいごめんなさい。

なにかとイベントが多く変則的な予定になりがちな夏。

UraUra Englishでもクラスによって
2週間ほどの夏休みがありますが

そこで「休みだ〜!」と怠けてしまってはいけません。

せっかくコツコツ積み上げてきたのに
また英語の勘がもとに戻ってしまいます。


忙しい中でも

これだけは!

というものを必ず作ってくださいね!


例えば

まずは、もちろん、ラジオ講座

バイリンガルニュース(夜7時、9時)

英語の歌の暗唱

英検問題集


夏だからこそ、

リスニング教材一冊

洋書を読む

こんなプランもいいですね!


もうあしたから8月ですね。

あっという間に夏は過ぎて行きます。


夏の終わりに「何にも残っていなかった・・・」なんて言わないように

暑くても、忙しくても、何か一つ、やり遂げましょう


 
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:31 | category: 英会話学習のヒント |
# 頭訳(3)
JUGEMテーマ:英語
 
こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。


頭訳について「勉強法」のテーマでお話ししましたが

実践されていますか?


頭訳では英文をできるだけ短く切って

きれいな日本語にしようとせずに頭から訳していきます。


慣れてくると、その時に訳すのではなく英語のまま頭に入ってきます。

つまりイメージで捉えるのです。


これも以前にお話ししました。


ただ、苦手な分野の話では、それはなかなか難しいことがあります。

例えば、野球のことがよくわからない人が、野球の記事を読むのは難解です。


また、日本語で覚えておくべき機関名、団体名などは、

英文を聞いて、即座に日本語訳ができる、ということが大事になってきます。


政治や経済の話題も、読みなれるとよく使われる単語はすんなりと入ってきて

慣れると日本語名も即座に出るようになります。


それぞれのレベルに合わせた内容で

その域まで持っていきたいですね











| comments(0) | trackbacks(0) | 16:37 | category: 英会話学習のヒント |
# 勉強仲間
JUGEMテーマ:英語
 
こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。


周りにいい勉強仲間がいますか。


お互いに刺激し合い、競争し合い、高め合う仲間

そんな勉強仲間がいると


意欲もUP!


プライベートレッスンより

断然グループレッスンがお勧めです!




反対に足を引っ張り合っている人はいませんか?



なかなかいい仲間を探そうと思っても、簡単には見つかりません。

だから、いい仲間を持っているあなたは、感謝


















| comments(0) | trackbacks(0) | 22:27 | category: 英会話学習のヒント |
# 連休中は
JUGEMテーマ:英会話

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?

英語のお勉強もひと休み〜

と、言っている人はいませんか?


もちろん、それぞれ連休ならではの過ごし方があると思いますが

自分で決めた毎日の英語の勉強は

休日と言えどもさぼってはいけません


もちろん、ウラウライングリッシュでも

毎日ラジオ講座を聴く。

その日のスキットをシャドウイングする。

宿題のスキットは毎日5回シャドウイングする。


というのが課題になっています。


サボると、せっかくの英語頭がまた元に戻ってしまいます

一日中勉強する必要はありません。
それぞれの日課の最低15分〜30分の勉強時間は

連休中もしっかり確保


「読まなきゃよかった」

と思っているのは誰?????







| comments(0) | trackbacks(0) | 17:12 | category: 英会話学習のヒント |
# 中途半端な空き時間
JUGEMテーマ:英会話

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。

記憶というのはメンテナンスが必要です。

せっかく覚えてもそのままにしていると忘れてしまいます。

いつかテキストを復習しよう。
時間ができたらやろう。

そんなことを思っていると一生できません

そこで、生活の中の短い空き時間を上手に使いましょう


昼食が済んで5分。
夕食が済んだら10分。
トイレやお風呂に入りながら。
寝る前の5分。

通勤・通学は絶好の勉強時間になりますよね。
雑踏の中、集中力が増します。



5分、10分の隙間時間はしっかり勉強するには短すぎる時間ですが
記憶のメンテナンスにはピッタリなのです!

忙しい人ほどこの隙間時間の大切さを実感しているので
上手に使うことができます。

さあ、きょうから隙間時間の有効活用を

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 07:57 | category: 英会話学習のヒント |
# 時間をどう使うか
テーマ:英語

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。


教材を決め、計画を立て、やる気もあるのに、勉強する時間がない

そんな人はいませんか?


時間を作る

というのは究極の課題ですね


1日24時間、というのはどうやっても変えられません。
誰にとっても同じです。

それなのに、すごく忙しいのに、ちゃんと勉強している人
英語だけじゃなく、いろいろ身につけている人
って、いますよね。

不思議なもので
忙しい人ほど、時間を上手に使っています

忙しい時ほど、頭が回り、効率よく動くことができるのですよね。

忙しい

を言い訳にせずに

どこでどのくらい時間をつくることができるか

それが英語学習成果に大きく差をつけます。

No excuseです。

塵も積もれば山となる


毎日最低20分、
これをちゃんと作れるかが勝負です






 
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:16 | category: 英会話学習のヒント |
# 簡単な英語で(3)
テーマ:英会話

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。

「簡単な英語で話す」の続きです。

英語を話す時に使われている動詞の数はそう多くはありません。

take, have, put, go, comeなどのいくつかの動詞と

in, on, at, for, overなどの前置詞の組み合わせで 

日常会話はOKです。

全部、中学で習う単語ですね



「な〜んだ。」と思うでしょうが

問題は、それがすばやく出てくるかです。


単語をいちいち探していてはスムーズに話すことはできません。

日本語から訳すのではなく、イメージでとらえていることが大切です。


動詞も、前置詞も、

その内容が日本語ではなく、

絵で頭に浮かぶようになって

初めて回路ができたということになります


回路ができるまでは地道に繰り返し練習をしましょう。
どれだけたくさんその言葉に触れたことがあるかで
しっかりした回路ができるかが決まります。

すぐに出てこない単語は、まだイメージで捉えられていないということですので
しっくりいくまで練習して回路をつなぎましょう。
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:19 | category: 英会話学習のヒント |
# 簡単な英語で(2)
テーマ:英会話

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。


英語をしゃべる時にはできるだけ簡単な言葉を使って、とお話しました。

では、ネイティブや英語の能力が高い人と会話している時は
できれば難しい言葉を使ったほうがいいのでしょうか?

答えはNOです。


専門的な話をしている時は別ですが

日常会話であれば、相手に合わせるのでなく、

中学レベルの語彙、文法で充分
なのです。


中学の教科書レベルのいわゆる基本パターンが、一般に会話で使われている英語です。


その基本パターンが

すばやく使える

自分の引き出しからすぐに取り出せる

これが会話には必要です。


大学受験、あるいは英検2級以上の構文やイディオム、特殊な文法などは
日常会話ではほとんど使う機会はありません。
英語を話すためには、汎用性の少ない特殊パターンは必要ありません。

難しい英語を使おうとすればするほど、話せなくなってしまいます!


英語で話したいと思っている人は特に

基本パターンを素早く使える練習に着目して練習する
というのが効果的です 
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:30 | category: 英会話学習のヒント |