心が伝わる英会話

UraUra Englishの浦崎友恵です。
英会話を学ぶコツを書き留めています。
留学、海外生活経験なしでも英会話はマスターできます。
一緒に『心が伝わる英会話』を学びましょう。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 英語落語(2)
JUGEMテーマ:英会話

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。


夏からの更新がすっかり滞ってしまいごめんなさい


あっと言う間に夏が過ぎ、もう来年が目の前ですね〜

UraUra Englishでは英語落語を冬休みの宿題に出しました。


それぞれ違った落語や小噺を練習し

新年のクラスで発表し合おうと思います。



UraUra Englishのレッスンでは毎回ロールプレイをします。

すらすらと言葉が出てくるように練習をしてきて

実際の会話のように話すのです。



さらに落語ではこのロールプレイを一人で行います。

プロは、ちょっと表情を変え、動作を変え、声を変えることで、ほんとうに目の前に何人かの人が見えるようです。

それを目指します


そのためには、まずは英語をすらすらと、考えなくても口から出てくるようになるまで練習しなくてはなりません。

でも、みんなの前で披露すると思うと頑張れます

そう、発表という目標があると、何倍もの力が出ますね


冬休みはいろいろと忙しいと思いますが

こうして何かひとつ目標を決めてマスターするにはいい機会です

落語に挑戦、いかがですか?

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:06 | category: 勉強法 |
# 英語落語
JUGEMテーマ:英会話

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。


前回、ロールプレイを使った練習方を紹介しましたが

落語

は正に、一人ロールプレイです。


しかも、それを見せて、他人に笑ってもらおうと思ったら



★きちんとした発音

★役になりきる

★言葉に魂が入っている



全部大切です。


ぜ〜んぶ、英会話学習で大事なことと共通します!


上手な落語家さんは扇子と手ぬぐいだけしか使っていないのに、

ほんとうにその人が目の前にいるように見えてきますよね。

女の人になったり、男の人になったり、喜んだり、悲しんだり


英語で簡単な落語をやってみませんか?

とってもいい練習になります!


短い小噺を集めた本も売っています。

できれば発表する機会をもって、

余興のレパートリーにしましょう。

英語学習のモティベーションUPと、一石二鳥です!



 
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:56 | category: 勉強法 |
# 心を入れて
JUGEMテーマ:英会話

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。


いつもレッスンで言っていることなのですが

言葉にはを入れないと伝わりません。


台詞を読んでいるだけの役者さんの言葉は響いてきません。

芝居の稽古で何が難しいかって

役に成りきることでしょう。


英語の勉強も同じで

借り物の言葉を並べるのではなく

心を入れて

相手に語る

渡す

これをしないと、言葉は生きてきません。


だからドラマは英語の勉強にはとってもいいのです。


 
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:40 | category: 勉強法 |
# レンタルDVDを利用する
JUGEMテーマ:英会話
 
こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。

洋画を字幕ナシで楽しめるようになりたい!

と思う方、多いのではないでしょうか。


そんな方にはレンタルDVDで洋画を観ることをお勧めします!

まずは

字幕を見ながら楽しみ

内容がわかったら、もう一度、今度は

字幕表示をせずに観ます


合計4時間必要ですが
映画館に行くことを考えたら手軽ですよね!

1週間に1本、こんな風に洋画を観続けたら
耳が鍛えられるはずです!


| comments(0) | trackbacks(0) | 21:01 | category: 勉強法 |
# 英字新聞を読む
JUGEMテーマ:英語

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。

中級以上のクラスでは週刊STの記事を宿題にしています。

読んで意味が分かるようにするだけではなく

頭訳できるようにします。

最小限の意味に区切って読んだものを聞いて

聞いたものから順番に戻らずに訳します。

自分では気が付かないことが多いのですが

「えっと」「あー」などと無意識に入っている人もいます。

アナウンサーになった気分で

聞いている人にわかりやすく訳します

自然な日本語がすっとでるようになるまで練習します。

それには、2,3回読んで意味をとっただけでは足りません。

そうやって練習することで、たくさん英文に触れ、

時事英語の語彙にも慣れます。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:22 | category: 勉強法 |
# 頭訳(2)
テーマ:英会話

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。


日本語というのは、最後まで話を聞かないとわからない、ということがありますね。

「・・・・・・・・ではありませんでした。」

と、最後にどんでん返しという場合もあります
落語にもありますね。

また、主語を省略することがある、というのも日本語の特徴です。


英語では、文章は、主語、動詞の順番で始まります。

ですから、誰が、何をするのか、それともしないのか、大事なポイントが最初に述べられます。


比べるとこんな感じです。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とは思いません。」

「I don't think・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.」


英語を訳す時も、頭訳をすることで、頭の中は英語の思考回路になります。



 
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:22 | category: 勉強法 |
# 頭訳(1)
テーマ:英会話

こんにちは。
UraUra Englishの浦崎友恵です。


英語が、うまく訳せないと思ったことはありませんか?

日本語と英語では文章の構造が違います。
英語をきれいな日本語にしようとすると、
文の最後から頭に戻らなくてはなりません。

I went to Tokyo to meet my friend yesterday.

私は、きのう、友達に会いに、東京に、行きました。】


実際は、英語を理解する時に、下のように、頭から意味を捉えていくという作業をしています。

私は、行きました、東京に、会いに、友達に、きのう。】



リスニングでも、聞こえた英語を聞こえた順にイメージ化しているのです。

ですから、頭訳 の練習をすることはリスニング力強化にもつながります。


通訳をする時も頭訳です。
文章の最後まで待っていては、瞬時に訳せません。


ポイントは

 返し読みしない

 きれいな日本語の文章にしようとしない

です!
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:54 | category: 勉強法 |