心が伝わる英会話

UraUra Englishの浦崎友恵です。
英会話を学ぶコツを書き留めています。
留学、海外生活経験なしでも英会話はマスターできます。
一緒に『心が伝わる英会話』を学びましょう。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 目標を立てる(1) | main | 目標を立てる(2) >>
# どうして英語を学ぶのか
テーマ:英会話

究極の質問でーす!

私は・・・・

やっぱり旅での感動がいつも支えになっています。


旅は一期一会。
だから、「今この人にこれを伝えたい!」
と思ったことがうまく伝わった時、すごくうれしい。

その言葉は

Thank you.  の一言だったりもします。


どんな言葉でもしっかり相手に伝われば、目の前にいる人との素敵な関係が築ける。

英語がしゃべれることで、気持ちが伝えられる。

しゃべれなかったらできないはずのこと。


さらに、
その「ありがとう」の言葉に返ってくる素敵な笑顔とか
しぐさとかハグとかがとっても嬉しい。

そんな時、あああ、英語をしゃべれてよかった!と思うのです。


Please.

Excuse me.

Thank you.


ここらへんなら誰でも言えますね。
でも、ちゃんとハートを込めて


どんな会話も、ちゃんとハ
ートを込めて言うことが大切です!


いつも、レッスンで、ロールプレイは役になりきって、と言っています。


口先で言うのではなくて
そういう気持ちで言わないと
言葉が生きてこないのです。


気持ちを込めて言える ⇒ 自分の頭に回路ができる ⇒ 実際に使える


だから、練習する時も、その気持ちになって
練習相手のいる場合は、ちゃんと目を見て、目に気持ちを込めて
会話することがとっても大事です!


英語が出た!しゃべれた!
英語やっててよかった!

きっとそう思う時が来るはずです。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:25 | category: 旅と英語 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック